武蔵小杉の賃貸物件について

神奈川県の東京都との境に川崎市中原区があります。

その中原区の中心地は武蔵小杉です。

中原街道と綱島街道の分岐点があり、最近は高層の大型マンションが建設されています。

もともとは庶民的な町だったのですが、開発が進み、近代化された街並みに変貌してきました。

銀行は大手都市銀行が揃っており、地銀ナンバーワンの横浜銀行もあります。

不動産屋も数多くあり、大手も不動産屋をはじめ、地域密着の地元に強い不動産屋もあります。

つまり、賃貸市場が大きい証拠です。

家賃につきましても、近隣相場よりは高くなっております。

理由としては交通アクセスが良いからです。

人気路線の東急東横線、目黒線、JR南武線、横須賀線、湘南新宿ラインが乗り入れております。

そのため渋谷や新宿、池袋、目黒などの直通で行けます。

賃貸物件はファミリータイプよりは、単身者向けのワンルーム、1Kタイプが多くなっております。

しかし、ワンルーム、1Kにしても若干広めのタイプが人気となっております。